0円(おうえん)不動産

akiya

 

処分に困った不動産、私たちにご相談ください

 

最近、マスコミ等でもよく取り上げられ問題になっている空き家問題。

かつての家族のだんらんの舞台であった住宅も、子どもが独立し、一家の主が亡くなり、残されたお母さまは施設で暮らしているため、だれも住まずに空家になってしまっている家。

また、親御さんが亡くなり相続が発生したものの、独立したお子さんたちは別にマンションを所有し住んでいるため、何年も空き家のまま放置されている物件。

そんな状態で放置されている不動産の処分につき、お困りの方、なんとかしなければと思いつつ相談する先がない方、近所の不動産業者に相談だけしたものの、具体的に売却に至らず、毎年税金だけの負担が続いている方、当社独自の視点で、具体的な処分方法につき提案いたします。

迷わず、まずはご相談ください。

 

0円(おうえん)不動産への取り組み

 

地方の調整区域や未線引き区域の物件、相続したものの使い道がなく、何とか手放したいと思っている・・・そんな不動産に関するお困りごとはございませんか?

私たちは、それら使い道のない物件に対する取り組みとして、「0円(おうえん)不動産」と呼び、使い道のない、買い手の見つからない不動産のあらたな活かし方を模索する活動に取り組んでいます。

一般的には使い道のない、持っているだけで税金等のコストがかかる不動産でも、見方によっては新たな活かし方が発見できるかもしれません。

 

「ただでもいいから、引き取り手を探してほしい」
「安くてもかまわないから何とか処分して」

 

そんなご要望に対し、積極的な取り組みを行っております。 どんなことでも、お気軽にお申し付けください。

 

投稿日:2016年11月11日 更新日:

Copyright© アウトレット不動産や事故物件の悩み解決【訳あり物件専門家れいか】 , 2018 AllRights Reserved.